• 参勤交代
  • 精霊の守り人
カーテン左 カーテン右

news&topics

youtube

猿回しと二助企画の歴史

猿回しと二助企画の歴史イメージ画像

猿まわしは、日本の伝統芸能のひとつとして今日まで楽しまれています。その歴史は古く、遡ること1000年以上といわれます。
古来より猿は神様の遣いとされ、牛や馬を守る「まじない」として猿の舞が生まれました。災いがサル(去る)、病気がサル(去る)など厄除けの力があると信じられ、江戸時代には幕府専属の職業として確立したとも言われています。

猿まわしは一度、存亡の危機を迎えます。江戸幕府の解体に伴い大きな後ろだてを無くし衰退、更に道路交通法の取り締まりにより大道芸としての活動も難しくなります。追い打ちをかける第二次世界大戦でいよいよ娯楽は影を潜め、一度は忘れられた存在となりました。
しかしその中でも記憶に留め、伝統を絶やさぬようにと願い、戦後の復活まであきらめずにタスキを繋いだ人々の心が猿まわしの歴史には刻まれています。

猿回しと二助企画の歴史イメージ画像

私たち株式会社二助企画は、その歴史と思いを未来へ受け継ぐ「日本伝統芸能の次世代猿enターテイメント」として、従来のような路上公演だけではなく、常設劇場を構え、依頼公演、TV、CM、映画出演など、芸能の分野で大きく発展いたしました。

猿回しと二助企画の歴史イメージ画像

お猿さんの技のクオリティはもちろんのこと「あきらめない気持ちが大切」をテーマに、話術、音響、衣裳、道具にもこだわった総合的な演出を行っております。
そして、トレーナー育成にも力を入れ、この芸能の伝承に貢献したいと考えています。
言葉の通じないお猿さんと人間が互いを理解し合い生まれた信頼関係、そしてあきらめず挑戦する姿は、 「親と子」「友達関係」「上司と部下」など様々な人間関係を連想させるとともに、誰かに説明されるよりも素直に心の奥に残るものとなります。

この国で、日本人と日本猿が共につくり上げた1000年の歴史 日本伝統芸能猿まわし。
お猿の"えん"はご縁の"えん"
驚きと笑顔に満ちた感動のステージを是非お楽しみください。

  • 通天閣猿まわし劇場
  • お客様の声
  • 求人情報
  • パンク侍、斬られて候
  • 道の駅神戸フルーツ・フラワーパーク大沢
  • 通天閣公式ホームページ
  • 兵庫ブルーサンダース
  • 超高速!参勤交代オフィシャルサイト
  • NHK大河ファンタジー精霊の守り人シーズン2
  • 一般社団法人日本イルミネーション協会

ページトップへ